会社を希望した動機の伝え方

転職時に特に気をつけなければならない点として、その会社を希望した動機の伝え方があります。面接でも採用に重要視される項目でもあり、予め対策を練っていきたい所でもあります。転職での動機のポイントとして、マイナスになる事は言わない事は鉄則です。前の仕事を人間関係のごたごたで退職したという話はよくあることですが、面接の場で話すことでプラスの効果を与えることはありません。

仕事が簡単そうだとか、給料がよさそうだとか、自分にとっての真実の動機を話したからといって、好感度がアップするとは限りません。マイナス要素が前職の退職理由である人を採用した場合、また同じことで早期に退職してしまうのではないかと、面接官を不安にさせてしまいます。転職の面接時に質問されることの多い、志望動機については、マイナス的な内容にするのは止めておきたいところです。

出来れば前職の経験を今回の募集先の会社でどのように活かしていけるかを織り交ぜると面接官も採用後のイメージがつきやすいのでおすすめです。転職と言っても全く畑違いの職種から応募する場合には、経験をどのように活かせるかは難しい所でもあります。しかし逆に、経験がないことが強みになるということもあるでしょう。事実をそのまま話すことと、自分に不利なことを話さないことは、面接を受ける時に両立できることです。自分の立場でデメリットを感じている部分をいかに次の職場でプラスに変えれるかどうかを上手く伝える事が出来れば高評価になるでしょう。フルーツ青汁の通販サイト

会社を希望した動機の伝え方